主人の「鼻中隔湾曲症」の手術の経過と私の体調記録

健康

こんにちは、ハム子です🐹

4月も中旬になると日中は暖かくなって過ごしやすくなりますね^^

かといって油断していると朝晩は冷え込むので要注意なんですが💦

さて3月の中旬に主人が「鼻中隔湾曲症」の手術をしてから1か月以上が経ちました。

術後は1週間に1回通院し、鼻うがい(耳鼻科専用の器具)と先生に鼻の奥の膿?や血の塊などをバキューム(歯医者さんの唾を吸い取ってくれるような器具)で吸い取ってもらっています。

自分で鼻を噛めない(禁止されている)ので、先生に鼻の奥の膿などを取ってもらうと凄くスッキリするそうです。

体調的には両鼻の面積が同じになったので、息が凄く楽になり快適になったそうなんですが逆に鼻が通りすぎて乾燥しそうな感じがするそうです💦

手術が真冬でなかったのが良かったのかもしれませんが・・・💦

もしこれから「鼻中隔湾曲症」の手術を検討されている方は真冬の乾燥時は加湿対策に気を付けた方が良さそうですね。

薬はまだ処方されているので毎日欠かさず飲んでいます。

ロキソニンは痛みがある時にだけ飲む薬なんですが、術後からほとんど痛みがなかったので飲んでいません。

やはり前日から抗生剤を飲んだのと先生の腕が良かったのかもしれませんね^^

激しい運動は3カ月間禁止・飛行機は1カ月間禁止なんですが、以前から激しい運動もしないし飛行機に乗る用事や旅行にも行けない時期なんで、そこは全く問題なしです💦

先生からは3カ月経つとさらに鼻通りが良くなるらしいと聞いてるので、また経過を報告していきたいと思います。

私の体調記録

約2週間前に耳鼻科でCTを撮り先生に「膿がキレイになくなっている」といわれて好酸球性副鼻腔炎(蓄膿症)が一旦治ったんですが、あれから耳鼻科の薬も飲まず鼻うがいを毎日1回続けています

鼻づまりは今はほとんどありません。

花粉や黄砂が少し落ち着いたのもあるし、暖かくなってきたのが大きいのかなと思っています。

体調的にも鼻づまりが解消されたことによって、不安感が出なくなったのですが漢方薬も飲んでいないので、倦怠感も落ち着いてきた感じがします。

しかしホルモンの波があるので、生理がある月は何故か体が楽なんです生理が遅れたり来ない月は凄く怠かったり疲れやすかったりするので、まだまだホルモンの揺らぎが落ち着くまでは油断できないですね(´;ω;`)

でもできるだけ薬に頼らずに(運動・栄養・睡眠・押し活)でこれからも体調を整えていきたいと思います。

最期まで読んで頂いてありがとうございました🐹

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました