好酸球性副鼻腔炎の経過と主人の鼻中隔湾曲症の手術が決定

健康

以前に記事にした「好酸球性副鼻腔炎と主人の鼻中隔湾曲症が発覚した話」

の続きになります。

昨日約1か月ぶりに耳鼻科に行ってきました。

まず主人から診察

前回鼻中隔湾曲症で手術といわれて動揺していだけど、覚悟を決め手術することを

決めた主人ですが、またもや先生に「めちゃめちゃ鼻中骨が曲がってるね

と、とどめを刺されたようでした💦

そして血液検査の結果も出たので見てみると、

ヤケヒョウダ二がダントツ!!

掃除を怠っているのと、主人は綿布団を使用していたのが原因だと思われます💦

因みに私の血液検査は

やはりダニとハウスダストなんですが、主人程ではないのでもしかしたら

綿布団から約4年前にムアツ布団に変えたのでマシなのかもしれませんね。

ともあれアレルギー性鼻炎鼻中隔湾曲症なのは確定なんで手術の日までの

鼻炎の薬と手術の日程を決めました。

しかし年内は手術の予約でいっぱいなので来年の3月になるそう。

それまでに術前検査やコロナのPCR検査など忙しそうです💦

好酸球性副鼻腔炎の経過は

そして私の好酸球性副鼻腔炎ですが、自分では臭いも復活し鼻詰まりも

ほぼ無くなって快適そのもの(^^♪

そして先生が診察

「だいぶん良くなってきたので薬を減らしましょう」

「けどまだレントゲン撮っていないし、薬を飲むのをやめたらまた悪くなるから

 手術をしないといけないかも」

といわれてしまいました><

手術だけは阻止しなければ!!

耳鼻科の薬以外にも「どくだみ茶」や「あいうべ体操」など民間療法だけど

やってみようと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました