主人の「鼻中隔湾曲症」の術後の経過と私の好酸球性副鼻腔炎の記録

体調

こんにちは、ハム子です🐹

昨日から雨☂が降りつづいています。

外にも行けないし低気圧で自律神経が乱れて体調が悪化しつつあります><

さて先週の主人の「鼻中隔湾曲症」 の手術から約10日が経ちましたので、経過を報告したいと思います。

思ったより痛くなかった

2泊3日で順調に退院できたわけですが、固定器具のシリコンを鼻の中に入れている間は、息苦しくて術前の半分くらいの息苦しさだったそうです。

そのうえ鼻血が混じった粘液が大量に出てくるのですが、思いっきり鼻をかむ事が出来ずそれが少し気持ち悪くてストレスだったそうです。

でも抗生物質を術前から飲んでいるので、痛みはあまりなかったみたい。

退院した翌日、早速車を運転してサッカー観戦に行っていましたからね~💦

術後1週間~10日

術後1週間経ち耳鼻科で鼻の中に入れている固定器具のシリコンを抜いてもらいました。

特に痛みもなく、あっという間に抜いてくれたそうです。

このシリコンが取れるとかなり息が楽になったそうですが、まだ鼻の中は腫れていて術後3カ月は腫れが引くのにかかるそうです。

そして術後約10日目に手術で縫っていた部分を抜糸してもらいました。

主人は抜糸が少し怖かったみたいだけど、これも痛みもなくあっという間に取れたみたいです。

その後耳鼻科で鼻うがいをして鼻の奥にたまっていた膿?や鼻水などを洗い流すと、めちゃくちゃスッキリして術前の鼻づまりの息苦しさから解放されたよう^^

腫れが引くまでは激しい運動や飛行機などは禁止されているのですが、体は至って元気!!

仕事も無理なくこなせているようです。

私の好酸球性副鼻腔炎の経過は

現在の耳鼻科に通院しだして約半年経過したのですが、少~し鼻づまりが復活してしまいました💦

というのも、薬(モンテルカスト錠)を寝る前に1錠毎晩飲んでいたのですが、秋冬の間はよく効いていたみたいで、嗅覚障害も鼻づまりも改善されていたのです。

それを良いことに薬を飲むのを忘れたりしたら、再び3月初め頃から鼻が詰まるようになってきました

季節の変わり目や花粉などもあるのかもしれません💦

薬は寝る前だけなので日中の鼻づまりには点鼻薬(ベクロメタゾン)を1日1回使用していました。

でもこの点鼻薬はステロイドホルモンなんですよね~💦

これが原因かどうかは分からないけれど、体が凄く怠くなってきたんです><

鼻うがいで少し楽に

点鼻薬は一時的にしか効果がないので、またすぐ鼻がつまりだしたら使ってしまうっていう悪循環が嫌で鼻うがいを始めました。

最初は鼻が詰まっているので左右の鼻に行きわたらず、すぐに出てくるのですが3日程すると慣れてきたのか、反対側の鼻から出てくるようになりました。

しかも鼻づまりがスッキリ!!

これはかなり効果があると思うので毎日続けてみようと思っています。

そして鼻に良いとされている「ドクダミ茶」を飲んでいるのですが、YouTubeで副鼻腔炎になられている方が「なた豆茶」を飲むと楽になったとおススメされていたので購入してみました。

また飲んでみて良かったら記事にしたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました