ホエイプロテインを約1年間飲んでみた感想と体調変化

健康

以前に精神科医の藤川先生の本を読んで、たんぱく質不足改善にプロテインを

摂取していく!

という内容を記事にしました。

プロテインには少し抵抗がありました

とはいってもプロテインってアスリートや筋トレをしているムキムキマッチョな男性が

飲んでるイメージが強くて貧弱な私が飲んでも大丈夫??

ていう抵抗感がありました💦

でも藤川先生の本を読んでいると私の間違ったイメージを正してくれました。

プロテインとは

日本語でたんぱく質という意味です。

たんぱく質は筋肉だけでなく内臓や皮膚・髪の毛・爪に加えてホルモンやヘモグロビン

など様々な形で体の中に存在しています。

たんぱく質の摂取量は年々減少しているそうです。

栄養不足からくる精神疾患の患者さんが増えているのも少し納得ですね💦

プロテインを取るとこんな良い事が

・必要なたんぱく質の量が満たされると、習慣的に感じていた「なんとなく甘いもの

 が食べたい」という欲求が不思議と湧かなくなるそうです。

・胃腸などの消化器官もたんぱく質でできているので、消化吸収の働きが

 良くなり胃腸が元気になるそうです。

・薬は代謝を阻害する働きがあるが、プロテインを飲んでいると

 薬の効きが良くなり、副作用が出にくくなるそうです。

プロテインは太ったり筋肉質な体になりませんか?

ダイエットされてる方や体系を意識されている方には疑問がありますよね!

藤川先生の本には・・・

プロテインを飲む事で甘いものが欲しくなくなり、糖質の摂取が抑えられます

その為プロテインを飲む事でむしろ肥満解消につながるそうです。

また、たんぱく質不足の方が摂取したプロテインは体を維持する為に必要な機能の

修復に使われます

筋肉ムキムキになるような過剰な筋肉合成は、すべての臓器や機能が修復されたあとに

起こるため、さらに強度なトレーニングをしない限り心配することはないそうです

プロテインの飲み方

1日の摂取目安は たんぱく質20g

プロテインの袋に付いている付属スプーン約3杯(60CC)× 2回

胃腸の弱い方や初めて摂取される方は5g×2回など少量から始めるのが

良いそうです。

私が1年間 摂取してみた感想と体調変化

昨年の11月~インターネットでホエイプロテインを購入しています。

色んなメーカから出ているし値段も様々でかなり迷ったのですが、「BODYWING」

のホエイプロテインにしました。

砂糖・着色料や合成甘味料などが一切添加されていない無添加プロテインです。

味はナチュラルで例えるとクリープが近いかな。

私は朝食時や間食時に砂糖不使用のブルガリアヨーグルトに混ぜて食べています。

これが意外といけるんです!!

味がクリープなのでヨーグルトと混ざって、あっさりしたバニラアイスになるんです(^-^;

そして体調はというと・・・

まずBUN(尿素窒素)の数値が上がりました

昨年6月の血液検査では 15.4  →  今年10月は 18.1

フェリチンは今回測っていないのですが、昨年84あったので

貧血はないみたいです。

そして体重が 36kg → 現在 42kg

フワフワ眩暈がなくなりました!!

プロテインを摂取し体重が増えたことによる、低血圧が改善されたのかもしれません。

倦怠感がマシになった!!

少しづつ運動(散歩)ができるようになり、筋トレ(スクワットなど)を始める

事ができました。

ポジティブになった

体が少しづつ楽になっていくと、考え方も明るくなりました。

また趣味ができたり押し活でホルモンバランスが整えられたり♪

でも体調が良くなると飲む事を忘れてしまうんです

私の悪い癖なんですが、薬とかって体調が良くなると忘れて飲まなくなることが

あるんです💦

そしたら9月に好酸球性副鼻腔炎の発症と共に体調が悪くなってしまいました(>_<)

やっぱり栄養療法って治ってきても続けないとダメですね

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました